So-net無料ブログ作成
検索選択

病理 [雑記]

ちょっと小説好きな小学6年生が書いた50枚、100枚におよぶ「文学作品」。「たくさん書けたね、すごいね」なんて誉めたらあかんです。そこにあるのは既に、病理。


要は、好きだの嫌いだの付き合っただの別れたの、がメインイベントとして進んでいくRPGなんですよ。

結局そこにあるのは「快楽」と「自己満足」。

ジュニア文学もケータイ小説も本質は同じ。
違うのは、魔法が出てくるかセックスが出てくるかの違いだけ。


やっぱね、塗炭の苦しみを知らない連中に小説なんか書けるわけないんだな。吐き出すという精神安定効果としての文学。それはそれでいいんだけど、んなモン、誰が読むんだ。




ネコ
名前?
まだ
ない
みたいな
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 4

okko

コドモでなくても、最近の大人が書いた小説も、あまり精神的な深みはありませんね。
本屋でパラパラ、で大体の内容が分かってしまう、読み込むってところがなくて・・・。
by okko (2008-10-06 10:11) 

俺

>okko様
ご無沙汰してます。最近そちらへ伺えず、コメントもできず、恐縮千万です。
確かにおっしゃるとおり、大人の文学も深みがないですね。
で、「小学生作家」達はアンケートの「好きな作家/尊敬する作家」欄にそういった作家ばかり挙げてるんですよね。それか、審査員に名を連ねてる流行作家を書いておいて、媚びてるかのどちらか。
別に、尊敬する作家が宮沢賢治でも紫式部でもいいと思うんですけどね。世の中全体がライトノベル化している感じです。
by (2008-10-06 11:29) 

トモミ

okkoさんへのレスを含めて、全くその通りで何も追加することはありません。この国は本当にどこへいってしまうのでしょうか?もちろん中山なんとかが心配しているのとは次元の違う話です(笑)。
by トモミ (2008-10-08 20:40) 

ゆき

カポーティの「冷血」はかなり読み応えがあったあぁー。あれは面白かった!確かに最近の小説は読む気にならないですね。
太鼓の指導者が言ってたけど、日本芸能の表現の本質は「叫び」にあると。虐げられた歴史を持つ土地ほど芸能が盛んになるのと同じく、『塗炭の苦しみを知らない連中に小説なんか書けるわけない』には一理あると思います。
by ゆき (2008-10-25 23:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。