So-net無料ブログ作成

余裕 [雑記]

余裕がない。どこに行けば売ってるだろう。…なんていう考え方自体がもう既に余裕がない。こうやって追い詰めていること自体も余裕がない。デジカメが壊れた。病気になった。昨日のテレビで、医師でもある鴨下環境相が紹介していたストレスチェックの項目10を見てみたら、8個も当てはまった。「飲酒量が増えた」と「夜眠れない」だけ当てはまらない。寝てはいる。酒も飲まない。しかしなぜこんなにだるいんだろう。
最近怒らなくなった。怒るということを忘れた。怒りとかイライラといった感情が生まれなくなった。退化の予兆だろうか。漠然とした恐怖が襲う。
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

終わった!! [雑記]

祝・卒論完成!!

続きを読む


nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:学校

お詫びと走り書き [雑記]

コメント、読ませていただいていますが返事が遅くなり申し訳ありません。
目下、書かなければならない論文と原稿が3つ、締め切りに追われてまして、
頭がなかなか回らないのです。もうしばらくお待ちください。

で、こんなこと書く暇あったら返事しろよと怒られそうですが、
ちょっと気づいたことを備忘録的に…
書きたいことを吐き出すと論文の気分転換になるんです。

1.福岡の飲酒運転判決

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宮崎の大晦日は… [雑記]

なんだこの編成?!

どげんかせんといけん…。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ

M-1 2007年 雑感 [雑記]

そういや昨年は書いてませんでしたが、
一昨年はこんなこと書いてました。そうそう、こんなことあったわ。
この当時は完全に失念してましたが、今思えばこれは報道局の嫌がらせじゃなくて、
テレ朝の朝日放送に対する嫌がらせですわね。

さて、今年は今までで一番がっかりな内容でした。
ということで長く書くこともないのですが、
数年後「2007年ってどういう人たち出てたっけ」と
自分で思い出したときのために書いておきますと、

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:お笑い

悔しい… [雑記]

今の自分にはまだここまでの文は書けない…
http://mainichi.jp/select/opinion/kinji/news/20071211dde001070037000c.html

昨日の毎日夕刊です。いやぁ、悔しい。兆しかぁ。まさに、ことばトレンド最前線、ですね。
これくらいのものが書けるようになりたい。


nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

久々に雑記 [雑記]

ちょっと一言。

ハチクロがドラマ化されるらしい。

そもそも映画であれだけコケたのにドラマ化しようとしていること自体
原作の世界観をぶち壊しにする拝金主義以外の何者でもないと思ったのだが
キャストを見てますます苛立ちが増すことに。

続きを読む


nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:テレビ

まいっちんぐ [雑記]

久々に、どうしようもない番組を見た。

tvkの、月~金の24:00から放送している、「マチコ先生」という番組。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

何に基づいて裁くのか 5(最終) [雑記]

さて、冒頭に戻って。
これまで見てきたように、基準というのは人それぞれある。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

何に基づいて裁くのか 4 [雑記]

◆夏場のクーラー

続きを読む


nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

何に基づいて裁くのか 3 [雑記]

裁判員制度

裁判官は、法に基づいて裁きを下す。

しかし、裁判官ほど法の知識を持たない(人によっては皆無に等しい)人間が、
無作為に選ばれ、陪審員のごとく裁判に参加する。

ここで彼らは何に基づいて主張をするのか。
個人の「意見」か。

裁判官は「私見」で「こいつムカつくから死刑」「この子かわいいから許す」とはしない。
しかし、一般人はそれがあり得る。

まぁそれは極端な例だが、そうでなくとも、多くの人間は
自分の経験に基づいて振り分けをしたり、感情や報道、もっともらしいことを言う「識者」の
影響を受けたり、明確な物差しを持たない。

もっとも、法律一辺倒への反省もあるのだろう。
「法的には死刑だけど、道義的には…」という高瀬舟の文化や、
「今の法律ではここまでしか量刑を課すことができないのか」という問題。
それについては、声を上げた人間によって新しいルールが作られていくわけだが。
(最近の事例で言うと危険運転致死罪を盛り込んだ道交法の改正。)

それで、皆で話し合って、意見が割れたらどうするのか。
多数決を取るのか。

多数決…
「ヤクザも学者も清き一票」ってか。悪平等の世界だが、
議会制民主主義においてはそれが絶対化しがちだ。

多数決でも、圧倒的大差ならまだいい。僅差ならどうする。
クラスで何の遊びをやりたいか生徒全員の多数決をとるとして、
男子21人、女子20人いて、男子がサッカー、女子がなわとびと言ったら、
毎回毎回、何度多数決をしても必ず男子が勝つことになる。

えっと…まだまだ事例があるので次の記事へ続く。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

何に基づいて裁くのか 2 [雑記]

平手打ち警官問題

続きを読む


nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

何に基づいて裁くのか 1 [雑記]

ライオンとキツネとロバが狩に行きました。
ライオンは腕力によって、キツネは知恵によって、ロバは黙々と下働きすることによって、
狩は成功しました。
しかし、獲物の配分をめぐって三者の間に争いが起こりました。
獲物の配分について、ライオン、キツネ、ロバはそれぞれどのような主張をするでしょうか。
この争いに対してあなたはどのように裁定しますか。
(1000字以内)

平成16年新潟大学入試より。


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:blog

身の回りにいるどうでもいいことに熱い人たち [雑記]

ムキになる

拘泥とは似て非なる、「向き」なるもの。

例えば嫌なものを嫌だと強く主張するとか、
関わりたくないものに避けるという意思表示を通して結果的に積極的関与をしていくというもの。

これは一体なんだ??

考えれば考えるほど、言葉を失っていく。

そうか、それが狙いか。奪われているのか?


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

どぼろう [雑記]

ワイン泥棒に次ぐ寓話を考えていた。

結構いいフレーズだと思って、泥棒シリーズで考えてみた。

(そもそもタイトルありきで寓話を作ろうとすること自体無謀)

自転車泥棒……
ユニコーンだし。
(意外と勘違いしている人が多いがこれは民生の作品でなく手島いさむ作詞。)

花泥棒…
スピッツじゃん。

時間泥棒…
ここに来てもはや音楽でもなくなっている。

すいか泥棒、税金泥棒、下着泥棒……

もういいや。人の発想とは意外と陳腐で物真似で生活語彙が多い。


nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

ぶどう農家 [雑記]

ぶどう農家が、誰もが認める最高級のワインをつくった。

都会のソムリエが競って買占め、値段は高騰。

しかし、ぶどう農家は己の仕事に満足せず、

さらに良いものをと挑戦し続けた。

待てども待てども、彼の新作は世に出ない。

「いや、まだ納得いかないんだ」

「せめて、その失敗作でもいいから飲ませてくれよ」

「いや、半端なものを俺のブランドとして出すことはできない」

評判だけが町を席巻した。

彼色に染まった町は、他のワインを拒絶した。

同業他社は、皆廃業した。

彼のかつての作品も、全て飲み尽くされた。

町中からワインが姿を消した。

やがて、人は彼をこう呼ぶようになった。

「あいつはワイン泥棒だ」


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

思いを伝えるには [雑記]

石破茂元防衛庁長官が、こんな発言をしていた。
「確かに拉致問題は大切だが、それだけをピンポイントでやることは本当の解決にはつながらない。各国の思惑をよく読み、まずはどう核開発を止めるかという段階に行かなければならない。そうしないと、6カ国の中で日本だけが取り残されることにもなりかねない。拉致問題の解決のためにも、日本には総合的な視点が必要だ。」
(報道2001出演時の発言。8月20日付け産経新聞を参照)

これは他の事にも通じる大事な考え方なので、右左とか政治的観点を排した上で、紹介したい。

続きを読む


nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:blog

脱・二元論 ふたたび [雑記]

都立大の校舎は、「メビウスの輪」をコンセプトに設計された

屋根付きの廊下を歩いていたつもりが、気づくと外に出ていたり

無駄に広い吹き抜けと、誰も見ない大時計と、「なんでここ雨入るの?」っていう階段と

でも、不評だった

単にわずらわしく不便なだけ、と

そもそもなぜそんな建築をしたのか、それは

70,80年代の無機質で機械的な団地や

歯車にはめられた人工的空間に対抗したためで

でも、首都大の新校舎は結局

無駄なく、遊びなく、整然とした長方形になった

人工に対する自然

そう、人工の反対は自然なのだと勘違いして、

およそ人工でないものを目指したのだ

(でも「手作り風」は手作りでなく機械作業。てなもんで
 それも結局人工なのだが)

いわば、直線に対して、でたらめの曲線

でも、自然界の曲線は意味のある曲線である

自然界には人間の合理的直線は存在しないが

自然界には自然界のルールがある

意味のある曲線を、模倣できなかった

だから、不便なだけだった

「段差のない道を!」と皆正解を語りたがるが

樹海を歩く時も「平らな道がいいね」と言うのか

一つの物差しだけで世界を見てはいけない

目の前の○

薄っぺらいチャーシューと見るか、
地球と見るか、
ミラーボールと見るか

個性なんてたまたま瞬間を切り取った静止画

二次元で三次元は捉えきれないように

それを、一つが全部であるように

「あの人っていい人だよね」「こんなキャラ」「今日は君らしくないね」

個性個性、それを絶対視するから、悪い部分の個性を隠そうとして、心の闇が生まれる

つまり、本質は、ミラーボールのようなものだ。


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

食中毒 [雑記]

というタイトルの記事を書きました。

あまりにも内容が公開してはならない内容になったので、自主規制することにしました。

でも一つだけ、どうしても書きたい。

タイトル、のっけから"k"を一個余計に打ってしまい、
「食虫ドック」
に。

なんのこっちゃ。

さて、めざにゅ~が始まる前に寝よう。(もう始まってるか)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

プレイバック 2006 [雑記]

あの時君は若かった
あの時黄身は、白かった

(なんでやねん)

芸人さんのブログの記事を真似してみました。
…うーん、やっぱり芸人さんのブログって爆笑はできないですね。
クスリかフッか、んん微妙、、か。

で、そういうわけで本題ですが、
(なんでやねん)
若かったとは言わないまでも、結構熱かったんですね。私。

最近悶々としながら学術的に自慰しているんですが(=またの名を卒業論文と言う)、
意外と身近なところにヒントが隠れてました。
つーかその「ヒント」書いたの自分だし。

あ、正確には「昨年11月の自分」。

今は公園からジャングルジムが姿を消す時代です。
こんにゃくゼリー1つに注意書きが書かれる時代です。

…だってさ。


nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。