So-net無料ブログ作成

浜渦副知事問題 【下】 ~石原知事の限界~ [主張-時事]

冒頭断っておきたいが、これから先の文章を読んでいただくにあたり、下記二点を申し上げておきたい。
第一に、小生は石原支持者ではないこと。これから先の文章を「石原知事を熱烈に支持する人間の文章だ」という先入観を元に読まれてしまうと、大変大きな語弊・誤解を生む恐れがあり、小生の真意が伝わらなくなってしまうので、基本的なスタンスとしては、石原支持者でもなければ(都立大の8割以上の学生のように)アンチ石原でもない。元来そういった一面的な捉え方で政治家を応援したことはないし、とりわけ今回の文章を書くにあたっては中立的な視点から論じたい、と思っているので、それを踏まえていただけたら幸いである。
第二に、今回はより多くの方にご意見を賜り、積極的に相互オピニオンを繰り広げ切磋琢磨したいと考えているので、大変無礼講ではあるが無差別にTBしまくりたいと思うので、その点ご了承願いたい。
また、このページを初めて見たという方は、はじめに是非下記をお読みいただきたい。
浜渦副知事問題 はじめに
浜渦副知事問題 【上】
浜渦副知事問題 【中】


では、本題に入る。

石原知事は6月3日(金)の定例会見で、「泣いて馬謖(ばしょく)を斬る」「彼の名誉のために」「最後は二人涙を流して語り合った」などと発言し、「未練」色の強い会見となったが、その一方で聞き捨てならない発言をしていた。(参照
それは、「いい大人なのに、周りは何故一言『おかしい』と指摘してくれなかったのか」というものである。そして、それ故に他の副知事にも責任の一端があるとまで言っている。

これは、単なる「うらみつらみ」でも「言い訳」でもなく、大変重大な意味を持つ発言である。
何故なら、石原知事はこれまで「独裁に近い」「どうでもいい意見は聞かない」というスタンスで都知事という任務を務めてきたはずだ。その彼が「周囲が何故指摘してくれなかった」ということは、決して言ってはいけない発言だった。
それは分かりやすく例えると、自分で暴走しといて「なんで俺の暴走を止めてくれなかったんだ」と言っているようなものである。
自分がこの国を変えるんだ、腐敗した体制を刷新するんだという強い意志を以って日々精進していく者に、言い訳は許されない。自分で決断して信じた道を、選挙で選ばれて多くの都民の支持も得て進みだしたのだから、それはとことん勇往邁進しなければならない。
まして現知事の性質上、とことん突き進むことで現状を打破し、改革を進めることが出来るのだ。そこに信念の揺らぎがあってはいけない。
同時に、そうした人間には尋常ならぬ責任が、重く肩に圧し掛かる。何故なら、自分の独断的舵取りで1200万都民の乗った船を進めていくのだからだ。失敗は許されない。こうした意味で青島都政は他力本願、問題回避の無責任都政であったと言える。
だから、独断で進める以上、その重く圧し掛かる責任を放棄してはならない。きちんと自分で全て受け止めなければ、独断で進める資格はない。

だから、あの会見場で知事は「全て私の責任です」「不徳のいたすところです」と言うべきであった。もっと言えば、あのように未練をあからさまに露呈するのではなく、その未練を暗示し「責任は残り2年間の都知事という使命において全て果たす所存です」「ご批判を真摯に受け止め、給料は返上します」くらいのことを言えば良かったのだ。
現知事の性質上、その強権に真っ向勝負する者はもはやいない。都議もマスコミも強いものいじめはしたくないようだ。M新聞のGさんもいなくなったし…。
だからこそ、知事があのような未練タラタラの会見を開いても、どこからも非難の声が聞こえてこない。せいぜい発言を曲解する方々が「ババァ発言云々」とまくし立ててバレンタインケーキを送りつける程度だ。こういう周囲の状況であるからこそ、一層知事の独裁は勢いを増し、浜渦副知事は台頭する。
結論としては、今回の一連の騒動は、浜渦氏が更迭されて解決する問題ではない。元々知事のブレーンとなり動き回っていた人だ。「副知事」という表向きの裏方は辞めたとしても、本当の裏方としては蔓延り続けるであろう。
そして、初日に述べたとおり、「独裁」は応急処置としては効力を発揮するがそれが長期にわたると、弊害をもたらす。まだ2年あるが、そろそろ「ポスト石原」について、都民は本気になって考えていかなければいけないのかもしれない。こうした都政の現状が日の目を見るきっかけとなるのであれば、今回の騒動は結果プラスに働いたことになるのではないかと思う。

一都民として。 敬白。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 4

あすなろう

勇気ある見解ですね。周りの知事に責任の一端を負わせるのでは無く、自分が筆頭知事、都民に選ばれたのだから自分の責任を述べるべきでしょうね。何故?自分が気づかなかったのか?と。
by あすなろう (2005-06-08 13:39) 

TBスパム反対

石原批判には一理あるが
TBスパムは不愉快極まりない。
by TBスパム反対 (2005-06-11 20:29) 

俺

「あすなろう」さん、いつもコメントいただきありがとうございます。やはりこのようなケースの場合、「最高責任者」である知事の責任が問われるのが通例でしょうが、議会もマスコミも、そして都民もそこまで追及しない・できないのはやはり石原知事の性質ならではでしょう。それをおかしいと思う人が声をあげれば事態も変わるでしょうし、逆に言うと、議会・マスコミ・都民を全て取りまとめて批判できない状況に持ち込んだ、知事の巧みな戦略があったのかもしれません。

そして、その下のコメントですが…自身の所在を明らかにしていない点と当記事の内容を理解されていない点では、小生の嫌いな○○でよく見られる発言に類似するものを感じます。
つまり、相手を理解した上で「やめてほしい」「変わってほしい」ゆえの発言ではなく、「自分の中ですっきりさせるための」発言ということになるかと思います。
これには例えおっしゃっていることが的を得ていても正論を得ていても、レスポンスのしようがないと思われますので、悪しからず。
by (2005-06-11 21:37) 

ちゃあ

あまりにも内容が素晴らしかったのでTBさせて頂いてしまいました ちゃあの記事ではちょこっと触れただけの内容でしたが、勉強させていただきたいと思います
by ちゃあ (2005-06-12 19:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。